FC2ブログ

あどえんた。日報

広告代理・制作あどえんた。の日報です。この日報を通じて少しでもあどえんた。のことをご理解いただけたら…と思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日

SANY0043.jpg

街も日増しに慌ただしくなり、
師走だなぁと感じたのもつかの間。
もう大晦日だ。
本当に年々月日の流れが速く感じる。
AGE30を過ぎると骨格レベルで中年になっていっているのを
ひしひしと痛感する。

12月23日に大阪へ行った。
夏に見に行けなかった「ラバーダック」を見に。

夜のラバーダックを見たかったので、
とりあえず海遊館へ向かった。
高校生の頃はまだ徳島-天保山の高速艇が走っていた。
大学受験の帰り道、船を待っている間に海遊館に立ち寄り、
ジンベエザメのあまりの大きさに見とれてしまい、
船に乗り遅れたのが最後の記憶。
あれから10年以上経ち、天保山周辺は当時の街並みを残しつつ
様変わりしていた。

SANY0002.jpg

世界一(だったと思う)の巨大な観覧車ができていた。
そして海遊館に入らなくてもペンギンだけ見えた。
SANY0004.jpg
(↑立ったまま目をつぶっているので全く目が見えない。ほとんどの個体はおっさんのように横たわっている)
おっさんの様なふてぶてしさにも関わらず、憎たらしいほど可愛かった。

昼食の後、いよいよ10数年の時を隔てて海遊館。
クリスマス前の祝日ということもあり、ちびっ子とカップルであふれかえっていた。
人波に流され魚の様に回遊しながらじっくり見ていく。
そしてついに待望のジンベエザメ。

ジンベエザメ動画(YOUTUBE)

高校生の時よりサイズダウンしたように感じたが、
やはり潜水艦のように悠々と泳ぐ姿は圧巻だった。
しばらく見とれ、海遊館を後にした。

ラバーダックに到着するころには辺りはもう夜だった。
SANY0046.jpg

SANY0051.jpg

しかしこのラバーダックは素晴らしい。
必死に村興しをしている自治体を尻目に
川にアヒルを浮かべるだけでこんなにも人を魅了する。
なんともシュールな光景だ。

9時に徳島を出発し、帰宅したのは翌1時。
バスでの移動時間を除いても約10時間があっという間だった。
たまには都会もいいもんだ。
ただ、地下鉄や商店街に人は少なく、少し元気がない街になっていた。

それでは皆さん、良いお年を。
また来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 11:08:41|
  2. チラシの裏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走

今年も残りわずか。
なんてありきたりなフレーズで書き始めたのだろう。。。

仕事もお正月進行でだんだん忙しくなってきた。
このご時世に忙しい。
ありがたいことだ。
中でもフクポンの今年最終号の締め切りが始まった。
他の媒体やチラシなどなど、
全てが年内に仕上げなくてはならない仕事なので
流行の新型インフルエンザの相手なんてしてらんない。

先日、取材で土柱ランド新温泉を訪れた。
夏に館内をリニューアルすると聞いていたが、
ここまで素晴らしくなっているとは思わなかった。
庶民的な民宿が、ホテルになっていた。

帰り道、あえて穴吹町を通って帰った。
数日前通った時に心奮わすイチョウを見つけていたからだ。
取材の帰り道だからもちろんカメラを持っている。

1.踏切際に建つ公民館(?)の庭を黄色く染めるイチョウの落ち葉。
2.田舎の低い建物たちを見下ろす大木。
3.国道沿いの神社から見える神木といってもよいほどのイチョウ。

この3箇所を収めてやろうと心躍らせ向かった。

1はキレイに掃除されてた。。。残念。

2は堂々たる木を撮りたかったが完全に散っていた。




_MG_5797.jpg
が、落ち葉が神社を黄色く埋め尽くしていた。

_MG_5794.jpg
(この写真は寝そべって撮ったため、ギンナンのうんこ臭がスーツにこびりついてしまったのは内緒)



3は思い通りの写真が撮れなかったため却下。

祖谷のモミジ、穴吹のイチョウ。
徳島県西部の晩秋は美しい。


  1. 2009/12/10(木) 02:47:13|
  2. 仕事のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NISSIN

ニッシンといっても焼きそばじゃないよ。

以前、ブログにも書いた
NISSIN スピードライト Di622。
ちょっと試したいこともあり、
購入後、すぐに壊してしまった赤外線受信部分を直すことにした。

その時、担当してくれた国頭さんという方の対応には感動した。
迷惑がかかるといけないので詳しくは書かないが、
それはそれは、ユーザーの立場を理解した上での対応だった。

正直、購入するまでNISSINというメーカーは知らなかったし、
ある本であるカメラマンが値段の割に使いやすいと絶賛していなかったら
購入することもなかっただろう。

しかし、今回の件で一気にファンになった。
俺は多分、一生写真を撮り続けると思うし、
その時、必ずカメラにはNISSINのストロボが付いていると思う。

国頭さん、どうもありがとー!!
  1. 2009/12/05(土) 03:21:46|
  2. カメラのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2009.11.23 24 in 祖谷

祖谷の小便小僧をご存じだろうか?
今まで幾度となく祖谷に足を運んだし、
色んなところへツーリングに行った際に祖谷を通った。
観光ガイドに目を通せば必ず載っていたので
何度も写真で目にする機会もあった。
しかし、恥ずかしながら実物を目にしたことがなかった。
これはいかんと思い、ついに決行!
メインはもちろん小便小僧!
ついでに祖谷渓の紅葉!
気分も高揚!yah!

ようやく会えたよ。小僧♪
_MG_5662.jpg

本当に断崖絶壁に堂々と立ち、
臆することなく小便してたよ。小僧♪
_MG_5663.jpg

しかし、雨男のドライブは高揚した気分に
水を差すかのように雨。
そこではじめて気がついたが、
雨で濡れた紅葉は艶やかで色気がある。
青空とのコントラストを!と思っていたが
雨は雨でよい。
山には靄がかかり、秘境がより秘境らしくなる。

_MG_5674.jpg
↑車の中から。

方向音痴も相まってぐるりぐるりと祖谷を彷徨った帰り道、
なんだかいい感じの駅を見つけたので寄ってみた。

_MG_5680.jpg

三縄駅というらしい。
駅の構内には近所の人が持ち込んだ手作りの服を着た
人形が数体並べられていて、ちょっと不気味だったが…
いかにも田舎の駅をかもしだしてついつい撮影。

_MG_5689_1.jpg

不完全燃焼だったので翌日、もう一度足を運んだ。
その日は打って変わっての晴天。
祖谷の紅葉は全国に誇れるレベルだと思う。
季節が少々遅かったため、葉は傷んでいたが
二度出向くだけの価値はあった。

_MG_5698_1.jpg

_MG_5702.jpg


昨日、看板で見かけた黒沢湿原(だったかな?)にも行ってみた。
広大な湿原に枯れ果てたススキがもの悲しかったが、
奥へ進むとまた違った非日常的な世界が広がっていた。

_MG_5706.jpg

車から降り、少し歩いてみた。
木の実かと思っていたのはコロコロの鹿のうんちだった。
臭い足をさらに臭くし、帰路についた。

_MG_5710.jpg

うだうだしてたらもう師走。
早いなぁ。。。


残りの写真はこちら


あどえんた。HPはこちら
  1. 2009/12/04(金) 03:28:53|
  2. カメラのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

adenter

Author:adenter
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ツーリング日記 (25)
日々思う (10)
仕事のこと (18)
カメラのこと (12)
チラシの裏 (52)
monoれびゅぅ (28)
コラム (6)
バンド (1)
ことわざシリーズ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。