FC2ブログ

あどえんた。日報

広告代理・制作あどえんた。の日報です。この日報を通じて少しでもあどえんた。のことをご理解いただけたら…と思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BRUNO MINI VELO 20

TS3G0071.jpg

お値打ち度  ★★★★★
スピード   ★★★★・
爽快感    ★★★★★
実用性    ★★・・・
デザイン   ★★★★★

※以前の自転車(ネットで10000円位で買った20インチの自転車比)

■購入日:2009.10月中旬

■価格:58000円位(色々サービス込み)

■購入のきっかけ
1年くらい前、本屋で立ち読みしていた本で紹介されていた自転車。
一目惚れだったが、その頃は自転車を持っていたので自転車に5万円強という
金額がネックで保留。
月日は流れ、先日自転車をパクられたのを機に購入を検討。
26インチのクロスバイクと迷ったが、
クロスバイクだと近所への買い物などに使いづらく、
また、2階へ運ぶ(雨風にさらしたくないのと、
以前の自転車がパクられた場所へ高額な自転車を置くのが嫌だった)
のが大変そうなので、やはり一目惚れのBRUNO MINI VELO 20"roadに決定。
また、ビアンキというメーカーの同じようなモデルも候補にあったが、
そちらは価格面と、よりスパルタンな仕様なので却下。

■良いところ
20インチという小さなタイヤ=漕いでも漕いでも走らないイメージがあるが、
それは粗悪な中国製が氾濫しているからであり、
ちゃんと整備され、体に合わせて設定してやるとメチャ走る。
26インチのママチャリなんか目じゃないぜ!
また好みは分かれるだろうが、デザインが良い。
小さいのが利点のミニベロにドロップハンドル。
この人を食ったような矛盾がよい。
良い自転車の条件とは何か?
趣味で持つ全ての乗り物に共通することだが、
それは走っていて楽しい、走りたくなることだと思う。
その意味ではかなり優秀な部類に入ると思う。
(脱ママチャリ初心者だからかもしれない)
それでいて日常使いの自転車と趣味としての自転車とのバランスが良い。
あまり走るのに徹しているとメンテナンスが大変だったり、
細いタイヤはパンクが心配だったりと、
自分にとってマイナスの部分があるが、そこまで気を遣うことなく、
やはり趣味の自転車だなと感じさせてくれるだけの高い走行性能がある。


■悪いところ
一概に悪いところとは言い切れないが、
やはりママチャリと比べて気を使う。
あと、服装を選ぶ。

■総評
先日、眉山を登ってみた。
登山は自転車の方が辛いことを実感。。。
どんなにギアを軽くしても辛いものは辛い。。。
しか~し、さすが名前に“road”と付くだけあって、
舗装された一般的な道路ならグイグイ風を切って走るのが
すこぶる気持ちよい。
いっぱしのチャリンカー気分を十分に味わえる。
早く遠乗りしたい。
車やバイクで走り飽きた道も自転車だと全く違った景色に写る。
来年あたりロングツーリングに出よう。

※面倒なので携帯カメラで撮影。本当はもっとカッチョヨイ。

あどえんた。HP
スポンサーサイト
  1. 2009/11/16(月) 16:15:52|
  2. monoれびゅぅ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うーん。。。何が真実?

インフルエンザ商法
  1. 2009/11/09(月) 01:40:04|
  2. 日々思う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋ツーリング 2009 in 岡山

いかん、いかん。
最近サボリ気味なので、忘れないうちにまとめておこう。
岡山ツーリング。

前日まではほんと良く晴れていた。
これでもか!というほど秋晴れの澄んだ空気に包まれていた。
が、当日は『曇り時々雨』とのこと。
同行者のK氏には「またかよ。この雨男…」と横目で蔑まれたが、
まぁいいじゃん。
ツーリングじゃん。
楽しいわきっと。
行き先は“晴れたら”すこぶる気持ちのよい蒜山高原だけど…。

SANY0044.jpg

ETCの恩恵を受け、瞬く間に高松到着。
そのままフェリーに乗り、
気がつけば倉敷。
そのままエイヤと蒜山ICまで。

さすが、高原。
市街地とは全然季候が違った。
スノボー用のジャケットを着ていても
走行中は寒い。
雨は降らぬものの灰色く湿った空がより寒々しい。

インターを降り、蒜山高原入り口の蕎麦屋で名物の蕎麦を食った。
寒いながらも蕎麦はやっぱりザルやろ!と、ざる蕎麦。
やっぱり寒いので温めるためにかけ蕎麦。
両方とも普通においしかった。

食事も済み、いよいよ今回のメインである蒜山高原!

SANY0047.jpg

あれ?
以前、某バイクショップ主催のツーリングで来たことあるし。。。

阿蘇山周辺のようなワインディングロードを期待していたんだ。。。
草原に挟まれた緩やかなカーブをのんびりと、、、
時にはカッとアクセル開けて、、、。
思っていたのと全然違っていた。
ファミリーが散歩を楽しむような小さな高原だった。
天候のせいで、景色もあまり良くないし、
やることがないので高原キャラメル牛乳を飲んで早々に退散。

本日の宿は倉敷。
蒜山からの帰路で湯原の砂湯に寄った。
そこには古き良き温泉街があり、
渓流の袂に自然に沸いた温泉がある。
簡易な脱衣所がぽつんとあるだけだ。
横の川ではフライフィッシングに勤しむ太公望もいる。
なんとも不思議な光景だ。
桃源郷をリアルに描くとこんな感じだろうか。
今まで色んな湯に浸かったが、ベスト3に入るほどすばらしい。

体を冷やさぬうちに倉敷に到着。
そして福山市民Y氏と合流。

夜の倉敷。
駅前の壱番街と呼ばれる通りはかなり寂れて
なんともいえぬ怪しい香りがする。
その香りにつられ、数件の店をハシゴした。
「まんまを借りに行くほどおいしい」といわれる名物ママカリを食べ、
美観地区内のバーでも飲み、
B級グルメとして人気上昇中のホルモンうどんも食べた。
やはり文化が色濃く残っている街はふらふらと歩くだけで楽しい。
酒が入ればなおさらだ。

SANY0053.jpg
(↑ホルモンうどんは本当にうまい。この手ブレ写真をみていても味を思い出し唾がでてくる)

ツーリング2日目は昨夜歩いた美観地区を再度訪れ、
おみやげ物など買うことにした。

SANY0059.jpg

美観地区は和風のテーマパークっぽくて何度来ても楽しい。
倉敷ガラスという素晴らしいものがありながら、
便乗商売まるだしのトルコのティーカップ(正確にはチャイカップ)を購入。

この日はうんことの戦いだった。
3人合わせて、午前中だけで何回トイレに行っただろう。
旅行中、便秘になりがちな俺もなぜだかこの日だけは
モリモリでた。
モリモリだしたところで、定食屋でうどんを食べ、
倉敷を後にした。

はるばる福山からY氏も来たことだし、
もう少し走ろうかなと思っていたが、
時間も中途半端になったので帰宅することにした。
全然無理をしない旅。
たまにはこのくらいのんびりツーリングもいいな。
いや、年をとってきたのでこのくらいのペースが楽しいかも知れない。

SANY0061.jpg
(↑K氏。最近、写真に凝り出したらしい)

SANY0062.jpg
(↑Y氏。モザイク入れても素顔と変わらないのは何でだ??)


あ~また行きたい。
帰り道はいつも「もーバイクは満腹。暫く乗りたくねー」と思うのに
また旅にでたくなる。う~ん、不思議だ。

あどえんた。HPはこちら

[秋ツーリング 2009 in 岡山]の続きを読む
  1. 2009/11/06(金) 18:03:26|
  2. ツーリング日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

adenter

Author:adenter
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ツーリング日記 (25)
日々思う (10)
仕事のこと (18)
カメラのこと (12)
チラシの裏 (52)
monoれびゅぅ (28)
コラム (6)
バンド (1)
ことわざシリーズ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。