あどえんた。日報

広告代理・制作あどえんた。の日報です。この日報を通じて少しでもあどえんた。のことをご理解いただけたら…と思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たまには仕事のことでも

9月はやたらと暇だったのに
10月に入った途端、ダムが決壊するかのように
滞っていた仕事が動き出した。
正直、ここ2週間ほど仕事と睡眠しか記憶にない。
うれしー。みなさん、もっともっと忙しくさせておくれ。
暇だとろくなことしないから。

でもこんな時、ミスは起こる。

今日、夕方からスーツの上下バラバラだった。。。
キョーエイで買い物をしていて、
レジで財布がないことに気がつき、
ポケットを探っている時に発覚。

あ~~~。

寝る。

ほんとうはもっと書きたいこといっぱいあるんだ。
カッチョイイ自転車買ったし。
落ち着いたら絶対ブログにアップしちゃる!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/22(木) 02:56:23|
  2. 仕事のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大川原高原

なんだか久しぶりに写真を撮りたくて
今まで行きたい行きたいと思っていて
なかなかその機会に恵まれなかった大川原高原へ。
って言っても2週間ほど前のことだけど…。

DPP07D90A050F1D06.jpg


緩やかな峠道を右へ左へ揺られると
木々の間からようやく大風車が見えた。
物語の世界へ入り込んだような感覚になり、
気持ちの高揚が手に取るようにわかった。
市街地はまだまだ残暑の面影残る気温だったが、
さすが高原。秋の風。
そして空気がおいしい。

駐車場から頂上の風車に向かいながら
シャッターを切る。
15時くらいだったが、日は西へ西へと傾いている。
そして俺も西へ西へと道なりに歩く。
必然的にほとんどの写真が逆光だが、
高原の澄んだ空気感が撮れてたらいいな。

※今日のカメラはKiss-X。
現像でき次第ニコマートのもアップ予定。まだまだフィルムが残っているけど。

今度は自転車で登ってみようと密かに計画中。。

_MG_4578.jpg

_MG_4585.jpg

_MG_4558.jpg

_MG_4565.jpg

_MG_4571.jpg

_MG_4572.jpg

_MG_4573.jpg
帰り道、逆光じゃないのを撮ってみた。

あどえんた。HPはこちら
http://wwww.adenter.info
  1. 2009/10/19(月) 01:18:20|
  2. チラシの裏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車熱-2

翌朝、奇跡的に6時起床。
いよいよ旅のハイライト、チャリンコツアーの開始だ。

前回は尾道→サンライズ糸山→バスで尾道。
今回はサンライズ糸山→尾道→バスでサンライズ糸山を計画していたが、
前日までが嘘の様にあいにくの雨模様。
夜に雨の中、バイクで走るのは遠慮したかったので、
日暮れまでに帰られるよう、4時にはチャリンコツーリングを終えられるコースに変更。
伯方の塩で有名な伯方島まで行き、伯方を一週して帰ってくることにした。

まずは亀老山展望台をめざす。
山道ではチャリンコはお荷物にしかならない。
しかし、しまなみ海道を一望できるしまなみ海道一のスポット。
ここを避ける訳にはいかない。
前回同様、チャリを途中置き去りにし、歩いて約3kmを登る。
SANY0018.jpg
↑そして前回同様雨天の為、霞の向こうに橋と島が見える。

SANY0017.jpg
↑展望台に置かれていたぬいぐるみ。シュールだ。

SANY0019.jpg
↑色んな願いが込められた南京錠。ここの土産物売り場でも売ればいいのに。

途中、雨が降ってきた。前回もそうだった。
少々悪天候の中、展望台を満喫し、
自分の雨男っぷりに苦笑いしつつ、山をくだった。

この時、自転車に目覚めている自分に気がつく。
自転車とは人生の縮図なのだ。
長い距離を長い時間をかけて登ったものだけに与えられる
下り坂の最高なる疾走感。
その疾走感は本当に短いが、また登ろうと思えるだけの価値がある。

バイクもすこぶる楽しいがバイシクルも同等に楽しい。
坂を登る度に国語の授業に登場した
「あの坂を登れば海が見える」が脳裏をよぎる。
そして本当に海が見える。
時間とともに疲労もますが時折見える絶景がペダルを漕ぐ力を与えてくれ、
もうちょっと走ろう、もうちょっと、もうちょっと…を繰り返す。
(この時、バイクで走り飽きた四国の道もチャリンコで走ればまた違った
一面が見えるんじゃないかなぁ。。なんて妄想も)

SANY0028.jpg
↑橋上からみる瀬戸内海はどこまでも澄んでいる。


島を一つ越え、伯方島に到着。
偶然見つけた「伯方の塩ラーメン」を食べることにした。
SANY0032.jpg
↑昼時に訪れた。店内は島民と観光客で賑わっていた。

SANY0033.jpg
↑伯方の塩ラーメン

あっさりしててそこそこ旨かった。
磯の香りがなんともイイ感じ。
それ以上でもそれ以下でも。
まぁ、せっかく伯方島に来たなら一度は食べておいてソンはなし。
話のネタに一度ご賞味あれ。
※当ブログは本音を信条としているので、お世辞は一切書きませぬ。

瀬戸内海独特ののんびりした風はぜひ体感してほしい。
喧噪がほとんどないのだ。
今、日本のどこかで事件が起き、
世界のどこかで戦争が行われていることが嘘の様に。
実際、戦前の物と思われる建造物(民家を含む)が多い。
SANY0029.jpg
↑はっきりした場所を忘れたが伯方にある漁港

SANY0040.jpg
↑古き良き昭和臭のする町並み

SANY0022.jpg

時折パラつく雨のなか、マリンオアシスはかたに到着。
SANY0038.jpg
↑伯方の塩ソフト(写真では分かりづらいがなぜか薄緑)を食べ、
チャリンコツーリングも終演を迎える。

キコキコとペダルを漕ぎ、サンライズ糸山に到着。

SANY0021.jpg
↑今回の旅の友。スポーティーな風貌に似合わず、性能イマイチ。。
まぁ、レンタルだし、そんなものか。

帰り道は結構雨にやられた。
カッパを持ってきていなかったのでコンビニで500円カッパを購入。
高速でも耐えられるよう、袖口とホックをガムテープで強化。
33歳にもなって、人には見せられない間抜けな格好で帰宅した。

~オマケ~
【チャリンコツーリングで出会った変な建物】
SANY0007.jpg
↑ムダに城チックなマンション

SANY0031.jpg
↑なんでこんな構造になったのか、設計者と酒を呑みながら語りたい。

SANY0030.jpg
↑せめて、auショップだった面影は完全に消そうよ…。

【旅のプレミアムマンホール】
SANY0035.jpg
↑伯方バージョン

SANY0023.jpg
↑吉海町バージョン


という訳で今、自転車がメチャ欲しい。
シティサイクルじゃなくてクロスバイクといわれる自転車。
ロードバイクほどエキセントリックじゃなく、
ロードバイクをベースに街乗りにも適した中途半端(ロードレーサーに言わせれば)な
クロスバイク。

春には買うどー。バリバリ仕事して買いますよ!
颯爽と自転車で走る俺を春には見られ(る予定)ます!!

あどえんた。HPはこちら↓↓
http://www.adenter.info
  1. 2009/10/04(日) 02:49:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車熱-1

早いものでもう10月…更新回数をもう少し増やそうと思いつつまたさぼってしまった。

9月21日(気付けばえらい前になってしまった…)、友人Mがバイクを
購入したのでみんなで記念ツーリング。
行き先は県南海南町の「のなみ」。
のはずだったが、俺はそこでみんなと別れ今治へ。

「のなみ」までの道のりは快晴のため快調快調。
久々に阿波サンラインも快走。
途中、大福うどんなるものも食べたし。
(大福うどんは大福の入ったうどんではない。
最初勘違いしていたが、どうやら店名「大福」のうどん。
言わば大福スペシャルうどん。具だくさんで旨かった)

SANY0003.jpg
↑只今休憩中。

「のなみ」は今日もサーファーたちでいっぱいだった。
残念ながら時間がないので俺一人「のなみ」での食事はあきらめ、
今治に向けて再出発。
ご存じの通り、県南には高速道路がなく、
一旦高知の南国インターを経由して今治に向かうことにした。
はっきり言って今からが本番。

午後3時過ぎだったと思う。
陽が少し傾いてきたとは言え、夜にはつくだろう。
SANY0005.jpg
↑途中立ち寄った道の駅にて。

難無く南国インター通過。
その後もエイサエイサと一気に石鎚SAまで。
石鎚SAで一息いれ、今夜の寝床を確保することにした。
タウンページ片手にホテル・旅館・民宿へ片っ端から電話電話電話。
原始的な方法だが、今までこの方法で宿が取れなかったことはない。
行楽シーズンの京都でもなんとかなった。

しかし、さすがシルバーウィーク。今治でもどこも満室だ。
今治で見つからなかったら
松山の24時間サウナで泊まろうかな…との想いもよぎりつつ
えーいと最後に電話したホテルオサム。
「通常のお部屋は満室ですが、カプセルタイプの部屋ならお取りできます」とのこと。
1泊3400円。いーじゃん、いーじゃん。貧乏旅行にぴったりだ。
しかし、ネーミングもうちょっと考えようよ…
たぶん初代オーナーがオサムなんだろうなぁ。

さておき、石鎚SAから約30分でホテルオサムに到着。
ホテルの大浴場も使えるし、中のレストランでの食事も旨かった。

TS3G0050.jpg

寝床カプセルも快適そうだ。
これで3400円。
まだまだ夜は長いが居酒屋などないので、
向かいのローソンにて雑誌とiichikoを購入。
京都から来たという青年とカプセルホテルのロビーで話ながら夜も更けていく。
なんのためらいもなく、カプセルホテルで泊まれる。
男でよかったわ。

そしていよいよ明日は昨年マイブームを起こしたしまなみ海道チャリンコツーリング。
イエー!


あどえんた。HPはこちら↓
http://www.adenter.info


  1. 2009/10/04(日) 02:39:08|
  2. ツーリング日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

adenter

Author:adenter
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ツーリング日記 (25)
日々思う (10)
仕事のこと (18)
カメラのこと (12)
チラシの裏 (52)
monoれびゅぅ (28)
コラム (6)
バンド (1)
ことわざシリーズ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。