FC2ブログ

あどえんた。日報

広告代理・制作あどえんた。の日報です。この日報を通じて少しでもあどえんた。のことをご理解いただけたら…と思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vivitar UW100




■購入日:2008.7

■価格:1500円くらい
■購入のきっかけ
とある雑貨店のトイカメラ作品展に参加して欲しいと頼まれ、
断り切れず(いや、断る意志はなかったかもしれん)
トイカメラを持っていなかったので購入。
トイカメラでしっかりした写真を撮る気もないので、
雑に扱えるよう低価格、
一眼などではとれない写真ということで水中でも使えることを
基準に選考。
もっとフィッシュアイのが良かったが高かったので
こいつに決定した。

■良いところ
壊れたときの精神的ダメージが皆無なので、
かなり雑に使える。
持ち主に似ず、見た目がかわいい。
水中でも使える。もちろん雨の中でも。

■悪いところ
写りが悪い(笑)。
ちょっとデカイ。
定番の28mmなので構図がありきたりになってしまいやすいかな。
それはセンスの問題か。

■総評
まーなによりもタフ。どこにでも連れて行ってガシガシ使える。
瀬戸内旅にも連れて行ったがまだフィルムを使い切っていないので
現像していない。
とりあえず、作品展用に撮った写真のボツをお楽しみくださいな。
小松海岸水中より中継です。
水のゆらめきで焦点がずれるのかなぁ?
水がきたないからなんかなぁ?
作品展には全く違う写真を出した。

あどえんた。HPはこちら↓
http://www.adenter.info

スポンサーサイト
  1. 2008/08/24(日) 15:16:19|
  2. monoれびゅぅ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tokina AT-X107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5


■購入日:2008.8

■価格:USED43000円くらい

■購入のきっかけ
超広角かフィッシュアイ。
旅行に向けてどちらかを買おうと思っていた。
超広角は仕事でも使う機会があるため、
いつかは買うだろう。
フィッシュアイは今を逃したら
なんか一生使わなさそうだったので今回はフィッシュアイ。

■良いところ
実際目で見るのと全然違う世界が広がり、
とても楽しい。
他のフィッシュアイを試したことがないので
比べられないが、不満に感じることはない。
参考画像はこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/bluegill0208/25162054.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bluegill0208/25176341.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bluegill0208/25179361.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bluegill0208/25179426.html
※フィッシュアイ以外の写真も多数あり。

■悪いところ
うーん、今のところ無し。
強いて言えばマウント部分がちょっときつめな気がする。
フィルターがつけられない。

■総評
費用対効果的にかなりオススメのレンズ。
仕事で使うことはあまりないが
表現の幅は確実に広がる。
しかも使いやすい。


あどえんた。HPはこちら↓
http://www.adenter.info

  1. 2008/08/23(土) 16:08:28|
  2. monoれびゅぅ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YAMAHA AA5



■購入日:2008.8

■価格:USED1500円くらい

■購入のきっかけ
完全な衝動買い。BOOKOFFをウロウロしていて見つけた。
無骨でキュートな姿に一目惚れ。
ミニジャックで繋げられるPC用のスピーカーを
探してはいたが、ギターアンプで代用することになるとは。。。
なぜかSLIKの三脚付き。

■良いところ
お世辞にも音質は良いとはいえないが、
ギターアンプなのにステレオ対応。
本体の下にカメラの三脚が取り付けられるようになっている。
BOOKOFFに展示されていたときからSLIKの三脚がついていた。
AUX入力ができるのでほんと幅広く使えそう。
単三電池でも駆動することも素晴らしい。
部屋で遊ぶくらいのギターに丁度良いパワー。
この非力さが僕には使いやすい。

■悪いところ
スピーカーとしてはちょっと音が悪い。

■総評
買ってよかった。
相場より安かったと思うし、
僕のライフスタイルにマッチしまくりの製品。


あどえんた。HPはこちら↓
www.adenter.info

  1. 2008/08/22(金) 18:38:24|
  2. monoれびゅぅ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

夏ツー第2弾 in 瀬戸内 パート4










8月15日
一夜明け両目が痛くなる。
仕方ないのでサングラスを購入。

そのまま眞鍋島へレツゴー。
徳島の田舎者が『田舎で過ごす夏休み』を
体験しようとなると離島になってしまう。

無人駅のような港は海水浴客や帰省っぽい家族で
大賑わいだった。
この港から4つの島に渡れる。
目指すは一番離れている眞鍋島。
度々映画の舞台になっている眞鍋島。
眞鍋かをりが頭に浮かんだので決めた眞鍋島。

船でうとうとしてしまったので、
正確にはどのくらい船に乗っていたのか分からないが、
眞鍋島に到着。
船着き場がメインロードになっており、
ココが唯一車やバイクが走れる。
後は自転車でもきついような道があるばかり。すごい環境だ。
早速歩く。
山をひとつ(というか小さなひとつの山でできている様な島)
越えると海水浴場だった。
想像以上に美しい。水も砂も景色も。
そこに海水浴場があると想像していなかったので
思わず、誰に伝えるでもなく「うわぁ~」と心の声が出てしまった。
少し泳ぎ、島を探索する。
映画の舞台になった中学校などを観光するが
なんせやることがない。
船が来るまで1時間くらいできてしまったので
釣りをすることにした。
持っていた道具では大きすぎる小さな魚が泳いでいた。

その後、軽く鞆の浦に寄る。
そうポニョが生まれた場所。
眞鍋島を見たあとだったので
ノスタルジックな港町も魅力半減だった。

夜は福山にすむkeigoらと合流。
バーベキューをしながらの花火大会見物。
うーん、夏だ。
しかし今年から会場が変わったらしく、
花火がほとんど見えない。
花火が見えずに道ばたでバーベキューをしている姿は
まるでホームレスの宴会だった。
しかし、福山の人たちはバーベキューが好きなんだろうか。
買い出し途中にいたるところでバーベキューセットが広がっていた。
花火大会とはいえ、徳島ではちょっとみられない光景だった。

翌日、8月末で閉鎖になる福山ー多度津のフェリーにのり帰宅。
途中、まんのう池でバスを釣る。しかしばらしたので写真に撮れず。

足枷となる雨に降られることもなく、
なかなか順調だった。
時間帯によって移り変わる瀬戸内の景色は素晴らしい。
なんだか今回は知っているようで知らなかった土地特集
みたいな旅だった。
香川からの帰路、曇り空だったこともあり少し肌寒かった。
夏の終わりを感じちょっとナイーブ。


あどえんた。HP
http://www.adenter.info

  1. 2008/08/18(月) 12:57:40|
  2. ツーリング日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏ツー第2弾 in 瀬戸内 パート3







8月14日
昨日、炎天下に一日中いたため目が焼ける。
片眼が痛すぎてコンタクトを入れられない状態に。
急遽眼帯を買って片眼コンタクトで一日をすごすはめに。

尾道から眞鍋島に向かおうと笠岡港に向かったが、
時間が合わず先に倉敷まで行ってしまうことに。
倉敷の美観地区は何度か来たことがあるので特に新鮮さもない。
良い観光地だ。
早くつきすぎたので映画館でポニョを観ようと思ったが
ホテルから少し距離があり、片眼で運転するのもいやだったのでやめた。
代わりに美観地区以外の旧商店街を歩いた。
徳島に負けず劣らずかなり寂れていた。
が、あのアンダーグラウンドな雰囲気はスキかも。

倉敷で泊まるのは初めてだ。
夜酒を呑みつつふらふらしていると
駅の北口からチボリ公園にかけてがかなり綺麗なことに気づく。
時計台周辺がライトアップされ、
向かいのチボリ公園の観覧車なども駅と統一されたライトで
かなり素敵なことになっている。
慌ててカメラを取りにホテルに戻る。
撮影を開始するとチボリ公園からは花火も打ち上げられ、
幻想的だった。
BGMには流しの兄ちゃんたちが歌う湘南の風。
必死に聞かないフリをした。

目が痛いので早く寝る。

つづきは後日

あどえんた。HP
http://www.adenter.info

  1. 2008/08/18(月) 12:54:36|
  2. ツーリング日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏ツー第2弾 in 瀬戸内 パート2










8月13日
今日は念願のしまなみ海道自転車横断。
目覚めるとすぐに尾道を目指す。
ホテルに荷物を預けるとすぐに自転車を借りる。
(しまなみ海道周辺のレンタサイクルは好きな
ところで乗り捨てができるので大変便利)
そのまま小さな船で最寄りの島まで渡る。
小さな船は想像以上にスピード狂だった。
自転車を支えているため、船外にいたからかもしれないが、
いや、結構いいスピードですよ。
なんだか船員は人なつっこいし。関係ないけど。

さてさて、横断開始。全長約60km。
かなり軽くみていた。
ひょっとしたら往復できるんじゃない?ふふーん。
バカだった。
もの凄く起伏が激しい。
上り坂の自転車なんて邪魔以外何者でもない。
しかも島に着いて気づいたのだがレンタサイクルの
ギアが壊れてる。一番重い段で。
ヤケクソで進む。
平坦な道や下り坂は開放的な雰囲気も相まって
すこぶる気持ちよい。
青い空に青い海。
青臭い会話でもしながら爽やかに駆け抜けたい。
しかし下れば上らなくてはいけないのが世の常だ。
汗は滝のようにながれ、足は踏ん張りが利かなくなる。
初めの頃はひとつの島を渡る度に休憩していたが、
徐々にそんなペースでは回復しなくなる。
日陰を見つけては休み、コンビニや道の駅を見つけては休み、
なんとか最後の道の駅に到着。
10kmほど手前に亀老展望台というしまなみ海道を一望できる
しまなみ海道1の観光スポットをすっぽかしたらしい。
レンタサイクルを返すまでに時間もあるし戻ることにする。
10kmの内5kmは上り坂。もう足が言うことを聞かない。
自転車を押して坂を上る。
自転車は乗り物ですらなくなり、最後は置いて展望台まで行った。
そんな苦労をしてまでたどり着いた展望台からの景色は
素晴らしいことは素晴らしかったが、夕暮れにはまだ早く、
夕暮れを待つ時間もなく、イマイチな写真しか撮れずに終了。
また今治まで自転車でキコキコ戻る。

夜はホテルの近くにある居酒屋に入った。
俺は尾道ラーメンが嫌いだ。
ただ、食事時ともなれば長い行列の店も数軒ある。
今までは尾道ラーメンが
俺の口に合っていないと思っていた。
しかしその店もまーったくおいしくなかった。
後から来た地元カップル(特に女の方)は
しきりに「おいしーおいしー」と吠えていたが、
食材も調理法も全くいけてない。
広島全般、おいしい物多いのに尾道はなぜこうなんだろう。
もんもんと夜はすぎていく。


つづきは後日

あどえんた。HP
http://www.adenter.info

  1. 2008/08/18(月) 08:56:24|
  2. monoれびゅぅ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏ツー第2弾 in 瀬戸内 パート1








まずはただいま。

今年のお盆ツーリングは単独で瀬戸内海周辺。
色々と個人的にやりたいこともあったので、
友達と同行することなくひとり旅に。

【ルート】
徳島→松山→尾道→倉敷→眞鍋島→福山→おかえり。

8月12日
午前中はごぞごぞとやることがあったので昼から出発。
この夏は何かと愛媛に縁があり、
何度か足を運んでいた。
いつも高速を使っていたので今回は下道をチョイス。
下道で松山まで行くのいつぶりだろう。
数年前までは高速なんぞ使っていなかったのに
いつの間にか高速なしで俺たちのツーリングが
なりたたなくなっていた。
その意味で、下道で松山に行くのはかなり新鮮だった。
脇町や池田の閉鎖感をすっかり忘れていた。
新居浜のある種独特の雰囲気も忘れていた。
あれよあれよと6時間かけて到着。
今日は明日からの布石なので松山で泊まる。
ホテルに荷物をあずけ夕日の素晴らしい双海に向かったが、
残念ながら雲だらけで全然よくなかった。

夜、友達と合流。
数年ぶりの再会はごくごく普通のものを期待していた。
『あ~、bluegillさん!おひさしぶり~!』みたいなのを。
現実は
「あははwww!bluegillさん、黒すぎ!」だった。残念。

しかし彼女は大人になっていた。
初めて合った時、彼女はまだ二十歳そこそこだったと思う。
それがなんとまぁ2●歳。
う~ん、はっきり言って親戚のおっさんの気分である。
年齢だけじゃない。
今日のために愛媛の野菜がたらふく食べられる
居酒屋を予約してくれていた。
アルバイト時代はキャピキャピしていたのが、
社会にもまれ、ちゃんと気遣いのできる女性になっていた。
感無量。
たわいのない昔話とその他情報交換に花を咲かせ、
松山の夜は更けた。

今気づいたが初日は写真を撮ってない。これも残念。


続きはまた後日。

あどえんた。HP
http;//www.adenter.info

  1. 2008/08/17(日) 11:01:46|
  2. ツーリング日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

adenter

Author:adenter
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ツーリング日記 (25)
日々思う (10)
仕事のこと (18)
カメラのこと (12)
チラシの裏 (52)
monoれびゅぅ (28)
コラム (6)
バンド (1)
ことわざシリーズ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。